コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兜蟹/鱟魚 カブトガニ

デジタル大辞泉の解説

かぶと‐がに【××蟹/鱟魚】

剣尾綱カブトガニ科の節足動物の総称。カニではなく、クモ類近縁古生代からの現存種で、生きた化石といわれる。全長約60センチ。青黒く硬い甲をかぶり、半円状の前体、五角形状の後体および細長い剣状の尾部からなる。前体の下面に七対の付属脚があり、うち五対ははさみ状。後体の付属肢は六対ある。日本では一種が瀬戸内海・九州北西部に分布。7、8月に産卵がみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

兜蟹 (カブトガニ)

学名:Tachypleus tridentatus
動物。カブトガニ科の海産動物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報