コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生ひ出づ オイイズ

デジタル大辞泉の解説

おい‐い・ず〔おひいづ〕【生ひ出づ】

[動ダ下二]
生まれ出る。生えて出る。はえ出る。
「水底(みなそこ)に生ふる玉藻の―・でずよしこのころはかくて通はむ」〈・二七七八〉
育って大きくなる。成長する。
「何事も勝(すぐ)れて見所あるさまに―・で給ひぬべきを」〈狭衣・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おいいず【生ひ出づ】

( 動下二 )
生まれ出る。はえ出る。 「御歯の-・づるに食ひあてむとて/源氏 横笛
成長する。生育する。 「心さへこそ人には異に-・で給へれ/源氏 乙女

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

生ひ出づの関連キーワード唐土人源氏横笛

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android