生死輪廻(読み)ショウジリンネ

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうじ‐りんね シャウジリンヱ【生死輪廻】

〘名〙 (「りんね」は「りんえ」の連声。「生死」も「輪廻」も梵語 saṃsāra の訳語) =しょうじ(生死)
※一休水鏡(1481頃)「それは生死輪廻(しゃうじりんゑ)の人間を尋ぬるに、有相執著(うそうしふぢゃく)の妄念(まうねん)より起りて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生死輪廻の関連情報