コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活と実践 せいかつとじっせんUniversal Council for Life and Work

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生活と実践
せいかつとじっせん
Universal Council for Life and Work

正式には,生活と実践世界評議会。ウプサラ大主教 N.ゼーデルブロムらスカンジナビアのルター派諸教会を中心に,第1次世界大戦を契機とする社会・政治・経済問題への教会のかかわりを求める人々の願いを結集した超教派の団体。 1925年第1回国際会議がストックホルムで開かれ,大部分のプロテスタント諸教会,ギリシア正教会の代表が参加。第2回世界会議は,37年オックスフォードで,40ヵ国から 120教会の代表ら 425名を集めて開催。当時の全体主義国家に反対する勇気ある声となった。 48年,信仰と職制会議とともに世界教会協議会の構成要素となり,活動を続けている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

生活と実践の関連キーワードウィリアム テンプルエキュメニズムコペック会議

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android