生源寺美子(読み)しょうげんじ はるこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生源寺美子 しょうげんじ-はるこ

1914- 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
大正3年1月29日生まれ。昭和30年から与田凖一師事。40年「春をよぶ声」(のち「草の芽は青い」と改題)で講談社児童文学新人賞,翌年産経児童出版文化賞。思春期前後の少女の成長をえがきつづけ,52年「雪ぼっこ物語」で野間児童文芸賞をうけた。奈良県出身。自由学園卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android