青い(読み)アオイ

デジタル大辞泉「青い」の解説

あお・い〔あをい〕【青い】

[形][文]あを・し[ク]
(「碧い」とも書く)青色をしている。広く緑系統の色にもいう。「—・い空」「—・いリンゴ
(「蒼い」とも書く)顔に血の気がない。赤みが足りない。「顔が—・い」
果実などの未熟なものが青いところから》人格技能や振る舞いなどが未熟である。「考えが—・いよ」
[派生]あおさ[名]あおみ[名]
[類語](1青青蒼然真っ青青白い/(3幼少幼弱幼時幼年若齢若年弱小弱冠年少年若としわか年弱としよわヤングうら若い若若しい若やか若やぐ若気ういういしいみずみずしい若い子供っぽい青臭い乳臭い幼い未熟幼稚くちばしが黄色い子供らしいいとけない稚気幼少童心幼心おさなごころ子供心頑是ない子供じみる大人気ない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android