生焼(き)(読み)ナマヤキ

デジタル大辞泉の解説

なま‐やき【生焼(き)】

なまの部分がいくぶん残る程度に焼くこと。また、そのもの。
刃物の焼きの不十分なこと。また、その刃物。なまくら。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

なま‐やき【生焼】

〘名〙 (「なま」は接頭語)
※四条流庖丁書(1489)「是引垂焼とは見給はで、なまやきなるなど思ては如何」
② (鈍焼) 刃物などに十分な焼きを加えてないこと。また、そのもの。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕

なま‐やけ【生焼】

〘名〙 (「なま」は接頭語) 食べ物などのよく焼けていないこと。また、そのもの。なまやき。
※落語・素人鰻(1891)〈三代目三遊亭円遊〉「『サア君鰻を食はんか食はんか』『ウム、此ア往(いか)ない、生焼(ナマヤケ)だ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android