コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生貯蔵酒 なまちょぞうしゅ

飲み物がわかる辞典の解説

なまちょぞうしゅ【生貯蔵酒】


日本酒の製造では、普通、もろみをしぼった後と、貯蔵・熟成後びん詰めの前に2度、酵素の働きを止め殺菌するために「火入れ」と呼ばれる加熱処理を施して酒質を安定させるが、このうち前者の火入れは行わず、生酒の状態で貯蔵・熟成を行い、びん詰めの前に1度だけ火入れを行う日本酒。しぼりたての新鮮な風味が残り、常温での流通も可能。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

生貯蔵酒の関連キーワード純米しぼりたてすきっと冷酒福徳長山田錦爽生貯蔵酒一滴千両会津錦花水仙富久娘北の誉越の華夢滴多聞白雪白鶴