コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産地同定法 さんちどうていほう

百科事典マイペディアの解説

産地同定法【さんちどうていほう】

文化財の原材料の産地を知る方法。石製品や金属製品では地球上に元素が偏在することを利用し,放射線を用いた蛍光X線分析や放射化分析,同位体分析が有効であり,陶磁器・ガラスについても応用されている。産業製品だけでなく,黒曜石琥珀などの交易ネットワークも明らかにされている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

産地同定法の関連キーワード蛍光X線分析文化財

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android