コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産地同定法 さんちどうていほう

1件 の用語解説(産地同定法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

産地同定法【さんちどうていほう】

文化財の原材料の産地を知る方法。石製品や金属製品では地球上に元素が偏在することを利用し,放射線を用いた蛍光X線分析や放射化分析,同位体分析が有効であり,陶磁器ガラスについても応用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

産地同定法の関連キーワード文化財研究所円高差益原材料重要無形文化財情けを知る恥を知る文化財部文化財保護委員会身を知る雨塩の原材料

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone