コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産地同定法 さんちどうていほう

百科事典マイペディアの解説

産地同定法【さんちどうていほう】

文化財の原材料の産地を知る方法。石製品や金属製品では地球上に元素が偏在することを利用し,放射線を用いた蛍光X線分析や放射化分析,同位体分析が有効であり,陶磁器・ガラスについても応用されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

産地同定法の関連キーワード蛍光X線分析文化財

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android