放射化分析(読み)ほうしゃかぶんせき(英語表記)radioactivation analysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放射化分析
ほうしゃかぶんせき
radioactivation analysis

放射性同位体を利用した高感度化学分析法の1つ。試料を原子炉中に入れて熱中性子で照射し,試料中の目的元素放射性元素に変えたのち化学的に分離し,その放射能強度を測定して目的元素を定量する。熱中性子の利用が一般であるが,ほかの荷電粒子電子線加速器によって発生した高速中性子γ線による核反応などを利用することもある。生成放射性核種のγ線スペクトルと生成放射性同位元素半減期とにより化学的分離を行わずに直接問題の核種を同定,非破壊的に定量できる。現在の元素分析法としては最高の感度をもち,超微量成分の定量に最も信頼すべき方法の1つである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

放射化分析【ほうしゃかぶんせき】

放射性同位元素を利用した分析法の一つ。試料に中性子,γ線,荷電粒子などをあてて目的とする元素を人工放射性元素に変換し,その放射能の種類,強さなどの測定からもとの元素の定性・定量を行う分析法。微量成分の分析法としてすぐれる。→放射化学分析
→関連項目放射性同位元素

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃかぶんせき【放射化分析 activation analysis】

試料に中性子,荷電粒子などを照射して,目的とする元素を放射化し,その放射能の測定からもとの元素の定性・定量分析を行う方法。これと類似の用語に放射分析放射化学分析がある。前者は放射性物質を一種の指示薬として利用する分析法であり,後者は初めから放射性物質を含む試料を対象とした分析であって,いずれも放射化分析とは区別される。 いま分析対象とする安定同位体核種N個を含む試料を時間tだけ照射したとすると,生成する放射性核種の放射能の強さAは次式で表される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうしゃかぶんせき【放射化分析】

放射性でない試料に放射線を照射して一部の核を放射性核種とし、その放射能の特性や強度を測定することにより、試料中の元素を定性・定量分析する分析法。きわめて高感度である。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

放射化分析
ほうしゃかぶんせき
radioactivation analysis

非放射性の試料に高エネルギーの粒子、たとえば中性子、陽子、α(アルファ)粒子、γ(ガンマ)線、光子などを衝撃させて、試料中の諸元素から核反応によって生成された放射性核種の放射能の特性とその強さの測定から、その元素の確認、同定、定量を行う方法。1936年にハンガリーのヘベシーらによって始められた。近年原子炉が利用しやすくなったので、そこで多量に発生する熱中性子を照射して試料を放射化することが多い。放射化分析は、化学的にきわめて近い元素でも、生成する核種の放射能の特性が異なるので、化学的に非常に似た元素の混合物の分析や同位体存在率の測定に利用されているのをはじめ、多元素の同時定量ができ、試料が見かけ上なんらの破壊も受けないために、文化財のような貴重試料の分析にしばしば利用されている。[高田健夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android