コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産霊神 むすびのかみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産霊神
むすびのかみ

天地万物を産みなす霊妙な力をそなえた神。産巣日神,産日神とも書く。「むすび」の語釈については本居宣長の『古事記伝』に詳しい。「むす」については「産巣日は,字は借字にて,産巣は生 (むす) なり。其は男子 (むすこ) ,女子 (むすめ) また苔の牟須など云牟須にて物の成出るを云ふ」とあり,「び」については「日は,書紀に産霊と書れたる霊字よく当れり。凡て物の霊異 (くしび) なるを云ふ」とあり,結局「産霊とは,凡て物を生成すことの霊異なる神霊 (みたま) を申すなり」と説かれている。この神には,タカミムスビノカミ,カミムスビノカミ,イクムスビノカミ,タルムスビノカミなどがあるが,宣長は,世の多くの神のなかでもことに尊い神としてタカミムスビノカミ,カミムスビノカミをあげている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

産霊神の関連キーワード天稚彦・天若日子安達太良神社豊宇気毘売神高皇産霊神寶登山神社出雲大社教宝登山神社神道用語集神皇産霊神造化の三神少彦名神出雲大社佐藤信淵復古神道天孫降臨瓊瓊杵尊宮中三殿四柱神社別天つ神竹駒神社

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android