産霊(読み)むすひ

精選版 日本国語大辞典「産霊」の解説

むす‐ひ【産霊】

〘名〙 (「むす」は生じる、「ひ」は霊威後世「むすび」とも) 天地万物を生み、または成長させる妙な力。神の名に用いられることが多い。
書紀(720)神代上「皇産霊、をば美武須毗(みムスヒ)と云ふ」
[補注]「ひ」は清音であるが、平安時代以後に「結ぶ」と関連付けて意識されて、「び」と濁って発音されることもあった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「産霊」の解説

むす‐ひ【霊】

《「むす」は生じる、「ひ」は神霊の意。後世「むすび」とも》天地・万物を生み出す神霊。
「皇産霊、此をば、み―と云ふ」〈神代紀・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「産霊」の解説

むすび【産霊】

魂,産巣日とも書く。古くは〈むすひ〉といい,万物を生み成長させる神秘で霊妙な力のことをいう。《古事記》には天地初発のときに天御中主(あめのみなかぬし)神と高御産巣日(たかみむすひ)神,神産巣日(かむむすひ)神のムスビの2神が出現したとあるが,本居宣長は,天地をはじめ世の中のすべてのものはムスビの2神の産日(むすび)のはたらきにより出現したのであり,世の多くの神々の中で,2神はことに尊い神であると説いている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の産霊の言及

【生魂】より

…生産日,生産霊とも書く。物を活発に産み出す霊力のこと。…

※「産霊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android