コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産霊 ムスヒ

デジタル大辞泉の解説

むす‐ひ【霊】

《「むす」は生じる、「ひ」は神霊の意。後世「むすび」とも》天地・万物を生み出す神
「皇霊、此をば、み―と云ふ」〈神代紀・上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

むすび【産霊】

魂,産巣日とも書く。古くは〈むすひ〉といい,万物を生み成長させる神秘で霊妙な力のことをいう。《古事記》には天地初発のときに天御中主(あめのみなかぬし)神と高御産巣日(たかみむすひ)神,神産巣日(かむむすひ)神のムスビの2神が出現したとあるが,本居宣長は,天地をはじめ世の中のすべてのものはムスビの2神の産日(むすび)のはたらきにより出現したのであり,世の多くの神々の中で,2神はことに尊い神であると説いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

むすひ【産霊】

〔「むす」は生み出す、「ひ」は霊威の意。後世「むすび」とも〕
天地万物を生み出す神霊。また、その霊妙な力。 「次に神皇-の尊みこと/日本書紀 神代上訓注

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の産霊の言及

【生魂】より

…生産日,生産霊とも書く。物を活発に産み出す霊力のこと。…

※「産霊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

産霊の関連キーワード思兼神・思金神大宮子易両神社宇内混同秘策賀茂建角身命斎(いわい)天御中主尊高皇産霊尊神皇産霊尊天御中主神少彦名神天忍日命榛名神社菟狭津彦愛宕神社佐野経彦真床追衾天照大神豊受姫神天道根命三穂津姫

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android