田中 宏幸(読み)タナカ ヒロユキ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

田中 宏幸
タナカ ヒロユキ


職業
ロック・ベース奏者

別名
旧芸名=Funny(ファニー)

グループ名
グループ名=LAZY(レイジー)

生年月日
昭和35年 8月25日

出身地
大阪府 大阪市

経歴
高校時代に幼なじみ同士でディープ・パープルの曲から名前を取った5人組ロックバンドLAZY(レイジー)を結成、“Funny(ファニー)”の名前でベースを担当。オリジナルメンバーは他に、影山ヒロノブ(ボーカル Michell)、高崎晃(ギター Suzy)、井上俊次(キーボード Pocky)、樋口宗孝(ドラムス Davy)。昭和52年2月朝日放送(ABC)の「ハロー・ヤング」出演時に、かまやつひろしに認められ、デビューの誘いを受け上京。7月「Hey!I Love You」でメジャーデビュー。本来はハードロック志向のバンドだったが、デビュー後はアイドル路線を進まされる。53年「赤頭巾ちゃんご用心」がヒットして一躍有名になり、和製ベイ・シティ・ローラーズとして人気を集めた。一方でライブでは洋楽ロックを演奏し、55年から始まったライブツアーで「ヘビーメタル宣言」を発表。同年末のアルバム「宇宙船地球号」は全曲ハードロックで構成され、アイドル路線からの脱却を図ったが、翌56年バンドは解散。解散後は、井上とポップ路線のバンド・ネバーランドを結成。解散から17年後の平成10年にLAZYを17年ぶりに再結成し、復活シングル「ULTRA HIGH」、アルバム「Happy Time」をリリース。14年には「宇宙船地球号II」を発表。18年急性心不全で死去。20年6月LAZYの活動が再開されたが、11月闘病中の樋口が肝細胞がんで他界。21年オリジナルメンバー5人の音源で、昭和55年の「感じてナイト」をリメイクした「感じてKnight」が、奥田民生、斉藤和義らサポートメンバーを加えたULTIMATE LAZY for MAZINGER名義で発売された。

没年月日
平成18年 9月1日 (2006年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田中 宏幸の関連情報