一躍(読み)いちやく

精選版 日本国語大辞典「一躍」の解説

いち‐やく【一躍】

〘名〙 (単独または「して」を伴って副詞的にも用いる)
① 一回の跳躍。ひと足で飛び上がること。ひととび。
※済北集(1346頃か)六・魚水滴「一身出綱中、墨池那畔楽従容
※文づかひ(1891)〈森鴎外〉「はおびえて一躍し、は辛うじてにこらへたり」
② 一定の順序をふまないで、急に段階が進むこと。一足とび。「一躍人気作家となる」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉二「最早(もう)此れで僕は一躍して西山塾の一生となったのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一躍」の解説

いち‐やく【一躍】

[名](スル)
1回跳躍すること。ひととび。
「馬はおびえて―し、姫は辛うじて鞍にこらえたり」〈鴎外・文づかひ〉
途中の段階を飛び越えて進むこと。いっぺんに評価が上がること。一足とび。副詞的にも用いる。「一躍文壇に名をせる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android