コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中検校 たなかけんぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中検校 たなかけんぎょう

?-? 江戸時代中期の地歌演奏家。
京都の人。深草検校から柳川流三味線組歌の伝承をうけ,それを明和6年(1769)楽譜化(のち「五線録」としてまとめられた)。本居宣長(もとおり-のりなが)の「在京日記」に「安村検校の箏,藤村検校の三味線」とある藤村は前名で,寛保(かんぽう)3年(1743)に検校となった藤村城阿と同一人物といわれる。名は城訓。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android