コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安村検校 やすむらけんぎょう

4件 の用語解説(安村検校の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安村検校
やすむらけんぎょう

[生]?
[没]安永8(1779)
盲人の地歌箏曲演奏家,作曲家。都名 (いちな) は頼一。三弦は田中検校の門下で,箏は倉橋検校 (生田検校門下) 門下あるいはその門下の三橋検校門下ともいわれる。明和5 (1768) 年6月から3年間職屋敷の惣検校をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安村検校 やすむらけんぎょう

?-1779 江戸時代中期の地歌・箏曲(そうきょく)家。
京都の人。三味線を柳川流の田中検校に,箏を生田検校門下の倉橋検校にまなぶ。箏組歌を整理して「撫箏雅譜集」を刊行し,自作の「飛燕曲」ものせた。すぐれた門弟がおおく,のちにその各系統から名古屋系,大坂系(新生田系),山田流などが生まれた。安永8年5月23日死去。名は頼一(らいいち)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

安村検校

没年:安永8.5.23(1779.7.6)
生年:生年不詳
江戸中期の地歌箏曲家。名は頼一。八橋検校以来の箏組歌を整理し,宝暦5(1755)年,安村自作の「飛燕の曲」を含む歌詞集『撫箏雅譜集』を校訂,刊行した。優れた門弟を輩出,江戸の山田流箏曲も安村門流から生まれた。

(大貫紀子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やすむらけんぎょう【安村検校】

?‐1779(安永8)
地歌箏曲家。都名(いちな)は頼一(らいいち)。1732年(享保17)検校登官。68‐71年職屋敷の惣検校。三弦は柳川流の田中検校に師事し,河原崎検校(1778年登官)に伝授した。箏は生田検校門下の倉橋検校(?‐1724)に師事し,安村の門人に藤池,浦崎,久村,石塚,長谷富の各検校がいる。久村の系統から名古屋系,石塚の系統から大坂系(新生田系),長谷富は江戸へ下ってその系統から山田流が生まれた。箏組歌を整理し《撫箏雅譜集》(1755)を刊行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

安村検校の関連キーワードカージャール朝ティチング後桃園天皇平賀源内後桃園天皇桜島広島・長崎への原爆投下桜島の大正噴火大正噴火浦上春琴

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone