コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安村検校 やすむらけんぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安村検校
やすむらけんぎょう

[生]?
[没]安永8(1779)
盲人の地歌箏曲演奏家,作曲家。都名 (いちな) は頼一。三弦は田中検校の門下で,箏は倉橋検校 (生田検校門下) 門下あるいはその門下の三橋検校門下ともいわれる。明和5 (1768) 年6月から3年間職屋敷の惣検校をつとめた。八橋検校以来の『琴曲抄』を補うため,箏組歌を整理して『撫箏雅譜集』 (50) を校訂刊行,その最後に自作の『飛燕曲 (ひえんのきょく) 』があることから,以後の組歌作曲を禁じたともいわれているが,実際にその後も新作はかなり行われている。『弥之一蔵板砧の譜収載本』には『七段』の作曲者であるように記されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安村検校 やすむらけんぎょう

?-1779 江戸時代中期の地歌・箏曲(そうきょく)家。
京都の人。三味線柳川流田中検校に,箏を生田検校門下の倉橋検校にまなぶ。箏組歌を整理して「撫箏雅譜集」を刊行し,自作の「飛燕曲」ものせた。すぐれた門弟がおおく,のちにその各系統から名古屋系,大坂系(新生田系),山田流などが生まれた。安永8年5月23日死去。名は頼一(らいいち)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

安村検校

没年:安永8.5.23(1779.7.6)
生年:生年不詳
江戸中期の地歌箏曲家。名は頼一。八橋検校以来の箏組歌を整理し,宝暦5(1755)年,安村自作の「飛燕の曲」を含む歌詞集『撫箏雅譜集』を校訂,刊行した。優れた門弟を輩出,江戸の山田流箏曲も安村門流から生まれた。

(大貫紀子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やすむらけんぎょう【安村検校】

?‐1779(安永8)
地歌箏曲家。都名(いちな)は頼一(らいいち)。1732年(享保17)検校登官。68‐71年職屋敷の惣検校三弦は柳川流の田中検校に師事し,河原崎検校(1778年登官)に伝授した。箏は生田検校門下の倉橋検校(?‐1724)に師事し,安村の門人に藤池,浦崎,久村石塚,長谷富の各検校がいる。久村の系統から名古屋系,石塚の系統から大坂系(新生田系),長谷富は江戸へ下ってその系統から山田流が生まれた。箏組歌を整理し《撫箏雅譜集》(1755)を刊行。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

安村検校の関連キーワード市浦検校(初代)撫箏雅譜大成抄八重崎検校浦崎検校市浦検校三橋検校琴曲指譜松浦検校生田流琴曲抄藤池流没年盲人段物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android