田岡 フミ子(読み)タオカ フミコ

20世紀日本人名事典「田岡 フミ子」の解説

田岡 フミ子
タオカ フミコ

昭和期の女性 故田岡一雄山口組3代目組長の妻。



生年
大正9(1920)年

没年
昭和61(1986)年1月24日

出生地
兵庫県神戸市

経歴
一代で山口組を日本最大の組織暴力団につくりあげた田岡組長の補佐役を務め、昭和40年同組長が狭心症で倒れてからは、身代りとして組行事をきり回した。56年7月田岡組長死去後は、兵庫県警が“3代目姐(あね)”の名称で、組の首領とみなしていた。山口組の分裂を招いた59年6月の故竹中正久・4代目選出の人事にも深くかかわった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android