コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田島征三 たしま せいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田島征三 たしま-せいぞう

1940- 昭和後期-平成時代の絵本作家。
昭和15年1月9日生まれ。田島征彦(たじま-ゆきひこ)の双子の弟。多摩美大卒業制作の絵本「しばてん」でデビュー。泥絵の具による力づよい土俗的な画風で知られ,昭和44年「ちからたろう」でブラチスラバ世界絵本原画展金のリンゴ賞。49年「ふきまんぶく」で講談社出版文化賞。平成8年自伝的エッセイ「絵の中のぼくの村」が映画化された。大阪出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

田島征三の関連キーワードオオカミのおうさまはたけのともだちやぎのしずかとべバッタくさむら

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田島征三の関連情報