田村 哲郎(読み)タムラ テツロウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成「田村 哲郎」の解説

田村 哲郎
タムラ テツロウ


職業
舞踏家

生年月日
昭和25年 9月25日

出生地
高知県 高知市

学歴
東洋大学哲学科〔昭和47年〕中退

経歴
昭和47年舞踏グループ大駱駝艦創立に参加、麿赤児、天児牛大らと活動。54年ダンス・ラブ・マシーンを結成、振付け、演出にも活躍。60年にはベルリン舞踊フェスティバルに参加、国際的にも評価を高める。63年ダンス・ラブ・マシーン解散、平成元年プロジェクト・フェイク一闡提(いっせんだい)を妻・田村由美子と結成、「辛夷の夜」で旗揚げ公演を行う。

受賞
舞踊批評家協会賞(昭56年度)「阿呆の王」

没年月日
平成3年 12月6日 (1991年)

家族
妻=田村 由美子(舞踏家)

伝記
舞踏の水際 中村 文昭 著(発行元 思潮社 ’00発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android