コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麿赤児 まろあかじ

百科事典マイペディアの解説

麿赤児【まろあかじ】

舞踏家,俳優。本名大森宏。石川県生れ,奈良育ち。早稲田大中退。1964年唐(から)十郎の状況劇場に参加。唐の唱える〈特権的肉体論〉を体現する俳優として活躍する一方,舞踏家土方巽に師事。1972年《Dance桃杏(あんず)マシン》をもって舞踏グループ〈大駱駝艦(だいらくだかん)〉を設立。大規模な仕掛けをほどこしたスペクタクルと荒々しい踊りにより1970年代の舞踏界を牽引し,そこから北方舞踏派,山海塾,白虎社など主要な舞踏グループが生まれた。1980年代以降は欧米や香港でも公演。主な作品に《陽物神譚》《海印の馬》《五輪の書》《雨月――昇天する地獄》《死者の書》などがある。映画や舞台の俳優としても活動している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

麿赤児の関連キーワード部屋/THE ROOMツィゴイネルワイゼンさすらいのジェニーどついたるねん古川 あんず自殺サークル元藤 燁子田村 哲郎2月23日うつしみ土方 巽現代舞踊唐十郎夢二

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

麿赤児の関連情報