コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辛夷/拳 コブシ

デジタル大辞泉の解説

こぶし【辛夷/拳】

モクレン科の落葉高木。山野にみられ、葉は幅広の倒卵形。春、葉より先に、大形の香りのある白色の6弁花をつける。秋に実が熟すと裂けて赤色の種子が垂れ下がる。名は、つぼみが子供の握りこぶしに似ているのに由来。やまあららぎ。こぶしはじかみ。しんい。 春》「四つ目垣茶室も見えて―哉/漱石

しん‐い【辛×夷】

コブシタムシバなどの花のつぼみ。乾燥させて、漢方で頭痛や鼻炎などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

しんい【辛夷】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。モクレン科コブシなどのつぼみを乾燥したもの。排膿(はいのう)鎮静鎮痛抗菌などの作用がある。慢性鼻炎蓄膿(ちくのう)症、鼻づまりに効く葛根湯加川芎(かっこんとうかせんきゅう)、慢性鼻炎、アレルギー性鼻炎に効く辛夷清肺湯(せいはいとう)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しんい【辛夷】

コブシまたはタムシバのつぼみを乾燥させた生薬。漢方で、蓄膿症・鼻疾患などに対し鎮静・鎮痛薬とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

辛夷 (コブシ)

学名:Magnolia kobus
植物。モクレン科の落葉高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の辛夷/拳の言及

【モクレン(木蓮∥木蘭)】より

…世界的に有名な花木であるシモクレンMagnolia quinquepeta (Buchoz) Dandy(=M.liliflora Desr.)(漢名は辛夷(しんい))(イラスト)やハクモクレンM.heptapeta (Buchoz) Dandy(=M.denudata Desr.)(漢名は玉蘭)などの総称。単にシモクレンのみを指すこともある。…

※「辛夷/拳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

辛夷/拳の関連キーワードモクレン(木蓮∥木蘭)こぶしファクトリー葛根湯加川芎辛夷夜末阿良々木中城 ふみ子也末阿良々歧ハクモクレン也万安良々支田村 哲郎野原 水嶺中島 杏子前田 普羅山阿良々支時田則雄坂口進也都賀庭鐘佐竹義躬辛夷・拳前田普羅鎮痛薬

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android