田沢湖高原温泉(読み)たざわここうげんおんせん

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕田沢湖高原温泉(たざわここうげんおんせん)


秋田県仙北(せんぼく)市東部、田沢湖地区にある行楽向きの温泉。秋田駒ヶ(こまが)岳(標高1637m)の北西麓(ほくせいろく)にわく。先達(せんだつ)川上流の乳頭(にゅうとう)温泉郷を含め田沢湖高原温泉郷として国民保養温泉に指定。山岳群と田沢湖の展望は雄大で、秋の紅葉も美しい。国民宿舎たざわ湖スキー場がある。ナトリウム‐塩化物泉。泉温41.8℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田沢湖高原温泉
たざわここうげんおんせん

秋田県中東部、仙北市(せんぼくし)田沢湖地区にある温泉。駒ヶ岳(こまがたけ)山麓(さんろく)にあり、乳頭(にゅうとう)温泉郷とともに田沢湖高原温泉郷として国民保養温泉地に指定されている。開発は1960年代であるが、旅館、民宿、保養所のほか、県立田沢湖スポーツセンターや第三セクター運営のスキー場などがある。泉質は硫黄泉である。JR田沢湖線(秋田新幹線)田沢湖駅からバスの便がある。[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android