由らしむべし知らしむべからず(読み)よらしむべししらしむべからず

ことわざを知る辞典の解説

由らしむべし知らしむべからず

民衆為政者に従わせればよく、施政の詳細を説明する必要はない。また、衆は法によって従わせることはできるが、その道理を理解させることは難しい。

[解説] 「論語―泰伯」の「民はこれらしむべし之を知らしむべからず」によるもので、原典は「べし」を可能のと解するのが正しいとされますが、日本のことわざでは、賛否とは別に、「べし」を当然の意とする解釈が広く通用しています。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

由(よ)らしむべし知(し)らしむべからず

《「論語」泰伯から》人民を為政者の施政に従わせることはできるが、その道理を理解させることはむずかしい。転じて、為政者は人民を施政に従わせればよいのであり、その道理を人民にわからせる必要はない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例