甲状腺刺激ホルモン放出因子(読み)こうじょうせんしげきほるもんほうしゅついんし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲状腺刺激ホルモン放出因子
こうじょうせんしげきほるもんほうしゅついんし

視床下部の神経細胞でつくられる因子(TRF、TSH releasing factorの略)で、最近は甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH、TSH releasing hormoneの略)と表記されることが多い。哺乳(ほにゅう)類では下垂体前葉に働いて甲状腺刺激ホルモンthyroid stimulating hormone(略してTSHという)を分泌させる。しかし、下等脊椎(せきつい)動物にはこのような作用がなく、むしろプロラクチンを放出させる働きが一般に認められる。またTRFは視床下部以外の脳の各所にみいだされ、カエルなどでは皮膚にもかなりの量が検出される。現在のところTRFは前葉ホルモンの分泌調節だけでなく、中枢で神経調節物質として働くほかに、未知の働きがあるものと考えられている。化学構造が明らかになった最初の視床下部ホルモンとして知られ、アミノ酸3個からなるペプチドである。[菊山 栄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android