甲状腺刺激ホルモン放出因子(読み)こうじょうせんしげきほるもんほうしゅついんし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲状腺刺激ホルモン放出因子
こうじょうせんしげきほるもんほうしゅついんし

視床下部の神経細胞でつくられる因子(TRF、TSH releasing factorの略)で、最近は甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH、TSH releasing hormoneの略)と表記されることが多い。哺乳(ほにゅう)類では下垂体前葉に働いて甲状腺刺激ホルモンthyroid stimulating hormone(略してTSHという)を分泌させる。しかし、下等脊椎(せきつい)動物にはこのような作用がなく、むしろプロラクチンを放出させる働きが一般に認められる。またTRFは視床下部以外の脳の各所にみいだされ、カエルなどでは皮膚にもかなりの量が検出される。現在のところTRFは前葉ホルモンの分泌調節だけでなく、中枢で神経調節物質として働くほかに、未知の働きがあるものと考えられている。化学構造が明らかになった最初の視床下部ホルモンとして知られ、アミノ酸3個からなるペプチドである。[菊山 栄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android