コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲状腺性小人症 こうじょうせんせいしょうじんしょうthyroigenic dwarfism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甲状腺性小人症
こうじょうせんせいしょうじんしょう
thyroigenic dwarfism

甲状腺ホルモンの欠乏または分泌不全による小人症。鞍鼻,眼裂解離などを伴なう浮腫状の特有な顔貌を呈し,皮膚は乾燥してざらつく。上半身より下半身に衰えが出,アキレス腱反射は遅延している。骨年齢身長年齢に比して著しく遅れているのが特徴。先天性のものと後天性のものがあるが,先天性のものは新生児マススクリーニングにより早期に診断され,すぐに治療が開始される。したがって,現在では低身長を主訴に来院する人の本症の多くは後天性で,身長はある時点から低下していることが多い。血中 TSH (甲状腺刺激ホルモン) の高値と血中甲状腺ホルモン ( T4 ,T3 ) の低値により診断される。早期に診断され,治療されなければ身長を正常にもたらすことは難しい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android