コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞍鼻 あんびsaddle nose

家庭医学館の解説

あんび【鞍鼻 Saddle Nose】

[どんな病気か]
 鼻すじが落ちこんで、低くなった状態を鞍鼻といいます。鼻すじの上だけが落ちて、鼻の先が上を向くもの、鼻先も潰(つぶ)れて鼻が全体としてめり込むものなど、いろいろな形があります。
[原因]
 大部分は、外傷でおこります。顔面をけがしやすいボクサーによく見かけます。以前は梅毒(ばいどく)によるものが知られていましたが、現在では膠原病(こうげんびょう)や免疫(めんえき)の病気などの全身の病気の一部としておこることもあります。
[検査と診断]
 外見から診断できます。けがをしたことがなく、鼻中隔(びちゅうかく)も壊(こわ)れて孔(あな)が開いているときは、鼻の組織検査、全身の病気を疑っての内科的な検査も必要です。
 鞍鼻の形を知るため、CTも行なって、詳しく調べます。
[治療]
 けがから1~2週間以内で、単純な陥没(かんぼつ)ならば、鼻の中から、陥没した部位を起こして固定する手術で治すことができます。
 陥没が複雑な場合や、外傷から1か月以上もたってしまうと、全身麻酔(ぜんしんますい)をして、外鼻(がいび)や鼻腔(びくう)を切開し、整復する手術が必要となり、耳鼻科医と形成外科医との共同手術になります。
 もしも、膠原病のような全身の病気の一部ならば、内科的な治療が主で、鞍鼻の治療は後回しになります。
 鼻にけがをして顔が腫(は)れると、外見からは陥没がわかりません。簡単な陥没なら、早く治療したほうが小さな手術ですみます。早めに受診しましょう。原因が不明のときはしっかりと検査を受けましょう。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典内の鞍鼻の言及

【鼻】より

…外鼻の形には個人差や人種差がある。鼻背の形から直鼻,凸鼻,凹鼻とに分けるが,凹鼻で病的に程度の進んだものを鞍鼻(あんび)という。外鼻の最大幅を最大長で除して100を乗じたものを鼻示数nasal indexという。…

※「鞍鼻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鞍鼻の関連キーワード進行性鼻壊疽(ウェゲナー肉芽腫症/非腫瘤型T細胞リンパ腫)性感染症とのどの症状甲状腺性小人症ダウン症候群外傷性斜鼻外鼻奇形鼻の外傷斜鼻

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android