甲賀 ふじ(読み)コウガ フジ

20世紀日本人名事典の解説

甲賀 ふじ
コウガ フジ

明治〜昭和期の教育者 森村幼稚園主事。



生年
安政4年1月7日(1857年)

没年
昭和12(1937)年11月16日

出生地
摂津国三田(兵庫県三田市)

学歴〔年〕
神戸英和女学校〔明治15年〕卒

経歴
摂津三田藩士の娘として生まれる。はじめ同藩主九鬼隆義の邸宅に奉公するが、明治4年九鬼の勧めでキリスト教宣教師デーヴィスの家に移り、英語を学んだ。7年キリスト教に入信。のち神戸英和女学校に進み、在学中から卒業後の19年まで同校舎監を務めた。20年幼児教育を志してアメリカに留学。ケンブリッジやボストンの保母養成所を修了したのち帰国し、神戸の頌栄保母伝習所講師と頌栄幼稚園の保母とを兼務した。24年には広島英和女学校に招かれ、その付属幼稚園の設立に参画。次いで30年ハワイに渡り、ホノルルで幼児教育の指導に当たった。その後、日本女子大学付属豊明幼稚園主任や森村幼稚園主事などを歴任し、昭和4年に引退。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android