コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケンブリッジ Cambridge

翻訳|Cambridge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケンブリッジ
Cambridge

アメリカ合衆国,マサチューセッツ州東部の大学都市。チャールズ川をはさんでボストン対岸にある。ハーバード大学,ラドクリフ女子大学,マサチューセッツ工科大学,スミソニアン天体物理学研究所,J.F.ケネディ記念図書館などがあり,同国の科学,産業の研究の中心地。 1630年マサチューセッツ湾会社によりニュータウンという植民地がつくられたが,36年にハーバード大学ができ,38年にイギリスの大学町の名前がつけられた。合衆国での印刷,製本の発祥地であり,合衆国建国の歴史に重要な役割を演じ,ロングフェローら数多くの文人,思想家ゆかりの地。 1912年にボストンとの間に地下鉄が開通してから工業化が進み,食料品,化学製品,電気器具,印刷,ゴム,皮製品,金属製品などの工場が立地するようになった。 50年頃から工場と住宅が郊外へ移動する傾向が強くなり,50年に 12万人をこえていた人口も現在 10万人を割り,人口減少を食止めるべく都市再開発が行われている。人口9万 5802 (1990) 。

ケンブリッジ
Cambridge

アメリカ合衆国,メリーランド州の都市。チェサピーク湾東岸に位置する。 1684年港が築かれ,イギリスの同名の都市名で呼ばれた。初めの2世紀間は小さな港にすぎなかったが,その後設備が拡充され,1964年の掘削を契機に国際貿易も行われるようになった。おもに食品,木材などを扱う。 16km南にブラックウォーター国立野生生物保護区がある。人口1万 1514 (1990) 。

ケンブリッジ
Cambridge

イギリスイングランド中東部,ケンブリッジシャー県の県都。ケンブリッジ地区を構成する。ケンブリッジ大学の所在地として知られる都市で,ロンドンの北約 80km,フェン地方と呼ばれる低地の南縁部にあり,ウーズ川支流カム川に臨む。「イギリス唯一の真の大学都市」といわれ,中世からの歴史的な建物と豊富な緑が優れた環境をつくっている。31のカレッジがあり,歴史の古い建物が多いが,最も有名な建物はキングズ・カレッジ礼拝堂(1446~1515)で,イギリス中世建築の代表作の一つ。産業は電子工業,印刷など,大学と密接な関係をもつものが多く,国際的名声を得ている書店もいくつかある。製粉,アスファルト,セメント製造も重要。フィッツウィリアム美術館は有名。観光業も盛んで,特に夏季には英語を学ぶために海外から訪れる学生が多い。面積 41km2。人口 11万8500(2001)。

ケンブリッジ
Cambridge

カナダ,オンタリオ州南部の都市。ハミルトンの北西約 35kmにある。オンタリオ半島の中央部にあり,1月の平均気温-5.5℃,7月の平均気温 20℃で,カナダとしては気候温和。 1816年頃に居住地が開かれ,シェーズミルズと呼ばれ,製粉と製材が行われた。 27年作家で,カナダの植民者であるスコットランド人 J.ゴルトにちなみゴルトと改称された。鉄鋼,機械,靴,プラスチック,繊維などが主要工業。 1973年西隣のプレストン町と合併してケンブリッジ市となった。人口 12万6748(2011)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ケンブリッジ

英国,イングランド南東部,ケンブリッジシャー州の州都。ロンドン北方80kmにある。ウーズ川の支流カム川に臨み,古くから市場町,ケンブリッジ大学所在地として発展。
→関連項目アッテンボロー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケンブリッジ【Cambridge】

アメリカ合衆国マサチューセッツ州北東部の大学都市。人口10万(1994)。チャールズ川を挟んでボストンの対岸にある。合衆国最初の高等教育機関として創立されたハーバード大学(1636創立)やマサチューセッツ工科大学(1861年ボストンに設立され,1916年この地に移転),ラドクリフ大学,レスリー大学があり,教育・研究の中心地。また,電気機械,科学用測定機器,ゴム製品,ガラス,電子機器,印刷・出版などの工業もある。

ケンブリッジ【Cambridge】

イギリス,イングランド中東部,ケンブリッジシャーにある大学都市で州都。人口11万4000(1993)。市名は〈カム川の橋〉を意味する。フェンランドの南,グレート・ウーズ川の支流カム川の中流に位置し,オックスフォードと並ぶイギリスの学術の中心であり,出版・印刷のほか電気機械,科学機械,セメントなどの工業も立地する。カム川の渡河点でかつ遡行限界点にあたるため,ローマ時代から城砦が建設され,アングロ・サクソン時代には行政・交易中心地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のケンブリッジの言及

【地名】より

…また人物,宗教に関連した記念地名も多く,かつてのコンスタンティノポリス(コンスタンティヌス帝の都,現,イスタンブール)やサンフランシスコ(聖フランチェスコ)がその好例である。このほか個人,集団の所有観念と結びついた所有地名,〈あらしの岬〉を喜望峰と改名したような婉曲地名,河川の本来の名称はグランタGranta川であるのに,市名のケンブリッジCambridgeから逆成されたカムCam川を例とする民間語源地名などの類型をあげることができる。
[地名と歴史]
 民族移動が活発であったヨーロッパでは,文献史料を欠く場合,地名研究によって各民族の定住地域や定住時期,社会組織などを解明することが可能である。…

※「ケンブリッジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ケンブリッジの関連キーワードケンブリッジシャー・アイルオブイーリーエドワード・グランヴィル ブラウンハンティンドン・ピーターバラモーリス・ハーバート ドッブチャーリー・D. ブロードダグラス・R. ハートレーサイモン ブラックバーンマリア ニコラエヴァアンソニー ギデンスグレート・ウーズ川ケンブリッジブルーデビッド ケイリンエリック シーデルメアリー ホフマンヒューウィッシュヌール ヤルマンオックスブリッジオープングループJ. ハイマンヒューイッシュ

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケンブリッジの関連情報