男になる(読み)おとこになる

精選版 日本国語大辞典「男になる」の解説

おとこ【男】 =に[=と] なる

① 元服して一人前になる。
※大鏡(12C前)六「殿のきむだちのまだおとこにならせ給はぬ」
② 転じて、一人前の働きのある男になる。立派な男になる。
※人情本・清談若緑(19C中)初「金之介は十九歳、やや男装(ヲトコ)になるにしたがひ、色は白く眉秀で、背も高からず低からず」
③ 還俗(げんぞく)する。俗人にもどる。
※水鏡(12C後)下「此大師も力無押して男に成給ひて、頭を裹みて御座せし御事也き」
性との性交を経験する。
⑤ 女が年老いて月経が閉鎖する。⇔女になる

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「男になる」の解説

おとこにな・る

一人前の男になる。また古く、元服するでいう。
初めて女性と肉体関係をもつ。
僧が俗人となる。還俗げんぞくする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android