コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

男芸者 オトコゲイシャ

デジタル大辞泉の解説

おとこ‐げいしゃ〔をとこ‐〕【男芸者】

たいこもち。幇間(ほうかん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

男芸者
おとこげいしゃ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の男芸者の言及

【幇間】より

…宴席で客の座興をとりもつことを業とする男。俗に太鼓持(たいこもち)(略して太鼓)というが,ほかにも弁慶,末社(まつしや),男芸者などの別称が多い。古く《あづま物語》(1614)に〈太鼓持〉の語があるが,詳細はわからない。…

※「男芸者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

男芸者の関連キーワード都秀太夫千中(初代)都太夫一中(5代)荻江露友(1世)都千中(初代)都一中(5代)鶴賀若狭掾荻江露友荻江節女芸者芸者羽織

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android