画伐/劃伐(読み)カクバツ

大辞林 第三版の解説

かくばつ【画伐】

林業で、森林内に一定の区画を定め、その区画内の樹木を伐採すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かく‐ばつ クヮク‥【画伐】

〘名〙 森林に一定の区画を定め、その区域内の樹木を伐採して、天然に森林の更新をはかる方法。→傘伐

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の画伐/劃伐の言及

【皆伐】より

…何回も伐採する必要があるために作業が難しく,とくに稚樹が生えた後の伐採で稚樹を傷めやすいことや残された木が風の害を受けやすいなどの欠点がある。この方式を群状に行うものを画伐という。【浅川 澄彦】。…

※「画伐/劃伐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android