畏み・恐み(読み)かしこみ

精選版 日本国語大辞典の解説

かしこ‐み【畏み・恐み】

(形容詞「かしこい」の語幹に「み」の付いたもの。→) 恐ろしさに。おそれ多いので。
※古事記(712)下・歌謡「やすみしし 我が大君の 遊ばしし 猪の 病猪の うたき加斯古美(カシコミ) 我が逃げ登りし 在峰(ありを)の 榛の木の枝」
※万葉(8C後)三・三二一「ふじの嶺を高み恐見(かしこみ)天雲もい行きはばかりたなびくものを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android