コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ミ

6件 の用語解説(みの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

み[五十音]

五十音図マ行の第2音。両唇鼻音の有声子音[m]と母音[i]とから成る音節。[mi]
平仮名「み」は「美」の草体から。片仮名「ミ」は「三」の全画から。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

五十音図マ行第二段の仮名。両唇鼻音の有声子音と前舌の狭母音とから成る音節。
平仮名「み」は「美」の草体。片仮名「ミ」は「三」の全画。 〔奈良時代までは、上代特殊仮名遣いで甲乙二類の別があり、発音上区別があったとされる〕

( 接尾 )
形容詞・形容動詞の語幹に付いて名詞を作る。
そういう性質・状態、またそういう感じを表す。 「暖か-」 「厚-」 「おもしろ-」 「新鮮-」 〔「味」を当てることがある。接続する語が「さ」より少なく、対象の性質・状態・程度を主観的・感覚的にとらえる〕
そういう状態をしている場所をいう。 「深-にはまる」 「弱-」 「茂-」

( 接尾 )
意味上対立する二つの動詞の連用形や、動詞とその動詞に「ず」の付いた形に接して、動作・状態が交互に現れる意を表す。…たり…たり。 「照り-曇り-」 「降り-降らず-」

( 接尾 )
〔上代語〕
形容詞および形容詞型助動詞の語幹に付く。
原因や理由を表す。…が…なので。…が…から。 「我妹子わぎもこをいざみの山を高-かも大和の見えぬ国遠-かも/万葉集 44
中止法として、叙述の並列に用いる。 「山高-川とほしろし/万葉集 324
「思ふ」や「す」を伴って、思考・感情の内容を示す。 「我妹子を相知らしめし人をこそ恋のまされば恨めし-思へ/万葉集 494」 〔中古以降は和歌だけに用いられた〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


五十音図第7行第2段の仮名で、平仮名の「み」は「美」の草体から、片仮名の「ミ」は「三」からできたものである。万葉仮名には甲乙2類あって、甲類に「彌、民、美、瀰、弭、寐(以上音仮名)、三、見、御(以上訓仮名)」、乙類に「未、味、尾、微(以上音仮名)、身、箕(以上訓仮名)」などが使われた。ほかに草仮名としては「(美)」「(見)」「(身)」「(三)」などがある。
 音韻的には/mi/で、両唇を閉じた唇内鼻音の[m]を子音にもつが、「さみしい―さびしい(寂)」「かまみすしい―かまびすしい(喧)」などのように、語によっては[b]と子音交替する場合もある。上代では甲乙2類に仮名を書き分けるが、これは当時の音韻を反映したものと考えられる。[上野和昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みの関連キーワード音図五十音五十音順ま行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

みの関連情報