コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠山義英 はたけやま よしひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畠山義英 はたけやま-よしひで

?-? 戦国時代の武将。
畠山義豊の子。父が畠山尚順(ひさのぶ)とあらそい戦死したのち,家督をついで河内(かわち)(大阪府)の守護となる。尚順,その子稙長(たねなが)と再三たたかい,大永(たいえい)元年(1521)尚順と和す。義英の子畠山義尭(義宣)は三好政長に味方したが,享禄(きょうろく)5年(1532)6月17日木沢長政に攻められ自殺。義英と義尭を同一人とみる説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

畠山義英

没年:天文1.6.17(1532.7.19)
生年:生年不詳
戦国時代の武将。基家の子。義就の孫。上総介。明応8(1499)年1月,父基家が畠山尚順に敗れて自害すると,家督を継いで河内守護となる。永正1(1504)年12月,尚順と和睦し北河内を支配するが,3年ほどで和睦は破れ堺へ脱出。翌年,足利義材(義尹,義稙)が将軍に復帰し細川高国政権が成立すると,対する細川澄元と結んで尚順に対抗した。同17年,尚順の子稙長の高屋城を攻め落とすが,澄元軍の敗北とともに吉野に落ちた。大永1(1521)年,稙長により紀伊を追われた尚順と和睦し,前将軍義稙に呼応して高屋城に稙長を攻めたが失敗。同3(1523)年には,子の義尭があとを継いでいる。

(石田晴男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

畠山義英の関連キーワード畠山義豊

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android