コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠山義英 はたけやま よしひで

2件 の用語解説(畠山義英の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畠山義英 はたけやま-よしひで

?-? 戦国時代の武将。
畠山義豊の子。父が畠山尚順(ひさのぶ)とあらそい戦死したのち,家督をついで河内(かわち)(大阪府)の守護となる。尚順,その子稙長(たねなが)と再三たたかい,大永(たいえい)元年(1521)尚順と和す。義英の子畠山義尭(義宣)は三好政長に味方したが,享禄(きょうろく)5年(1532)6月17日木沢長政に攻められ自殺。義英と義尭を同一人とみる説もある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

畠山義英

没年:天文1.6.17(1532.7.19)
生年:生年不詳
戦国時代の武将。基家の子。義就の孫。上総介。明応8(1499)年1月,父基家が畠山尚順に敗れて自害すると,家督を継いで河内守護となる。永正1(1504)年12月,尚順と和睦し北河内を支配するが,3年ほどで和睦は破れ堺へ脱出。翌年,足利義材(義尹,義稙)が将軍に復帰し細川高国政権が成立すると,対する細川澄元と結んで尚順に対抗した。同17年,尚順の子稙長の高屋城を攻め落とすが,澄元軍の敗北とともに吉野に落ちた。大永1(1521)年,稙長により紀伊を追われた尚順と和睦し,前将軍義稙に呼応して高屋城に稙長を攻めたが失敗。同3(1523)年には,子の義尭があとを継いでいる。

(石田晴男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畠山義英の関連キーワード渡辺通岩松昌純越智家栄河崎基家吉良持広多賀谷尊経東常氏畠山義豊前田利昌(1)結城晴綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone