コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

享禄 キョウロク

デジタル大辞泉の解説

きょうろく〔キヤウロク〕【享禄】

室町後期、後奈良天皇の時の年号。1528年8月20日~1532年7月29日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうろく【享禄】

室町時代の年号(1528.8.20~1532.7.29)。大永の後、天文の前。後奈良天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

きょうろく【享禄】

日本の元号(年号)。室町時代(戦国時代)の1528年から1532年まで、後奈良(ごなら)天皇の代の元号。前元号は大永(だいえい)。次元号は天文(てんぶん)。1528年(大永8)8月20日改元。後奈良天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。享禄年間の室町幕府の将軍は足利義晴(よしはる)(12代)。義晴を将軍に擁し管領として幕政の実権を握った細川高国(たかくに)が、1531年(享禄4)に摂津国大物(だいぶつ)で、赤松晴政(はるまさ)・細川晴元(はるもと)・三好元長(もとなが)の連合軍と戦って破れ、自害した。この戦いは「天王寺の戦い」(大物崩れの戦い)と呼ばれる。翌1532年(天文1)、総勢10万といわれる一向一揆は木沢長政の飯盛山(いいもりやま)城を包囲していた三好元長らの軍勢を背後から攻撃し、堺公方の足利義維(よしつな)(義晴弟)が居所としていた顕本寺(けんぽんじ)を包囲して焼き討ちした。この戦いで元長は自害し、義維は阿波国に逃れたため、堺公方は消滅した。こうした享徳年間から天文年間にかけて、一向一揆がからんで発生した戦乱を「享禄・天文の乱」という。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

享禄の関連キーワード牧野信成(1)伏見宮邦高親王阿佐井野宗瑞幸阿弥宗伯世尊寺行季東坊城和長阿佐井宗瑞頼誉(2)勧修寺尚顕中御門宣秀加野和泉守喜山宗忻久峰文昌酒井隆敏北畠具教佐治宗貞岩松氏純岩松昌純三好元長本多正忠

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android