畠山義豊(読み)はたけやま よしとよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畠山義豊 はたけやま-よしとよ

?-1499 室町-戦国時代の武将。
畠山義就(よしなり)の子。明応元年足利義稙(よしたね)の近江(おうみ)六角高頼討伐に従軍。同族畠山政長と父の代からあらそい,2年細川政元らの助けをうけこれを討つ。しかし政長の子尚順(ひさのぶ)に攻められ,明応8年1月戦死。初名は基家。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android