畠山義豊(読み)はたけやま よしとよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畠山義豊 はたけやま-よしとよ

?-1499 室町-戦国時代の武将。
畠山義就(よしなり)の子。明応元年足利義稙(よしたね)の近江(おうみ)六角高頼討伐に従軍。同族畠山政長と父の代からあらそい,2年細川政元らの助けをうけこれを討つ。しかし政長の子尚順(ひさのぶ)に攻められ,明応8年1月戦死。初名は基家。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android