コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠山義豊 はたけやま よしとよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畠山義豊 はたけやま-よしとよ

?-1499 室町-戦国時代の武将。
畠山義就(よしなり)の子。明応元年足利義稙(よしたね)の近江(おうみ)六角高頼討伐に従軍。同族畠山政長と父の代からあらそい,2年細川政元らの助けをうけこれを討つ。しかし政長の子尚順(ひさのぶ)に攻められ,明応8年1月戦死。初名は基家。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

畠山義豊の関連キーワード室町時代(年表)畠山基家畠山義英戦国時代畠山義就畠山尚順

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android