三好政長(読み)みよし まさなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好政長 みよし-まさなが

?-1549 戦国時代の武将。
三好之長(ゆきなが)の弟勝時の子。細川晴元に属した。一族の三好元長を晴元に讒言(ざんげん)して排除。のち三好長慶(ながよし)ともあらそい,天文(てんぶん)18年6月24日摂津江口(大阪府)で敗死。茶人で,大名物の茶入れ「付藻茄子(つくもなす)」を所持していた。号は宗三。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android