コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三好政長 みよし まさなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好政長 みよし-まさなが

?-1549 戦国時代の武将。
三好之長(ゆきなが)の弟勝時の子。細川晴元に属した。一族の三好元長を晴元に讒言(ざんげん)して排除。のち三好長慶(ながよし)ともあらそい,天文(てんぶん)18年6月24日摂津江口(大阪府)で敗死茶人で,大名物の茶入れ「付藻茄子(つくもなす)」を所持していた。号は宗三。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三好政長の関連キーワード畠山義英細川氏綱秋月光秋木沢長政十河一存足利義維三好之長三好宗三戦国時代長道

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android