異斯夫(読み)いしふ(英語表記)I‐Sa‐bu

世界大百科事典 第2版の解説

いしふ【異斯夫 I‐Sa‐bu】

5世紀末から6世紀中ごろにかけての朝鮮,新羅の武将。生没年不詳。姓は金あるいは朴。一名,苔宗,伊宗。智証・法興・真興の3王のもと領土拡張の前線でつねに活躍した。505年新羅最初の,悉直州(三陟)がおかれるとその軍主となって東北辺境を治め,すすんで于山国(鬱陵島)を下した。のち南に金官加羅(金海)を攻め,41年兵部令となり国軍統轄高句麗百済を攻略し,62年加羅諸国を平定した。また,その建議によって《国史》が編纂された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android