コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異斯夫(読み)いしふ(英語表記)I‐Sa‐bu

世界大百科事典 第2版の解説

いしふ【異斯夫 I‐Sa‐bu】

5世紀末から6世紀中ごろにかけての朝鮮,新羅の武将。生没年不詳。姓は金あるいは朴。一名,苔宗,伊宗。智証・法興・真興の3王のもと領土拡張の前線でつねに活躍した。505年新羅最初の,悉直州(三陟)がおかれるとその軍主となって東北辺境を治め,すすんで于山国(鬱陵島)を下した。のち南に金官加羅(金海)を攻め,41年兵部令となり国軍統轄高句麗百済を攻略し,62年加羅諸国を平定した。また,その建議によって《国史》が編纂された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android