コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三陟 さんちょく

3件 の用語解説(三陟の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

三陟【さんちょく】

韓国,江原道南東部の日本海岸にある工業都市。嶺東,東海両高速道路の開通(1975年―1979年)でソウル市からの一日経済圏に入った。付近には埋蔵量3.5億tといわれる無煙炭田があり,これを燃料とする火力発電所,製鉄所,セメントカーボン電極,肥料などの工場がある。
→関連項目江原道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんちょく【三陟 Samch‘ŏk】

韓国,江原道南東部の東海岸沿い,日本海に面した都市。人口9万0043(1995)。古代には悉直国の名がみえるが,6世紀初めに新羅の悉直州となり,8世紀ころには現在の地名である三陟郡がおかれた。無煙炭,石灰,亜鉛などの産地として知られ,三陟火力発電所を中心にこれらの地下資源を利用したセメント,化学肥料,カーボンなどの工場がある。嶺東(ソウル~江陵。1976)・東海(江陵~東海。1979)両高速道路の完成によってソウルからの一日経済圏に編入された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三陟
さんちょく / サムチョク

韓国(大韓民国)、江原道(こうげんどう/カンウォンド)南部東海岸の小都市。面積1185.8平方キロメートル、人口7万5592(2000)。1986年、市に昇格。95年、三陟郡と統合。沿岸漁業根拠地である。三陟の外港と漁港の役目を果たす汀羅(ていら)港がある。イカ、カタクチイワシ、サンマ、明太(メンタイ)(スケトウダラ)などの漁獲が多い。付近の豊かな石灰岩はセメント工場の原料になっている。ソウル行きの高速バスターミナルがある。 基 柱]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三陟の関連キーワード鬱陵島江原道檜山茂津多岬雷電海岸元山江陵コパカバーナ美保の北浦平昌

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三陟の関連情報