異方性エネルギー(読み)いほうせいエネルギー(英語表記)anisotropic energy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

異方性エネルギー
いほうせいエネルギー
anisotropic energy

結晶軸に対する方向によって変化する電磁気的エネルギー。磁気異方性を例にとると,たとえば鉄の結晶立方晶系に属する結晶であるが,稜方向と体心対角方向とでは磁気モーメントの向きやすさに約3倍の差がある。異方性エネルギーが最小で,最も向きやすい方向を磁化容易軸という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android