コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気異方性 じきいほうせいmagnetic anisotropy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気異方性
じきいほうせい
magnetic anisotropy

磁性体結晶において測定の方向によって磁気的性質が違っているとき磁気異方性があるという。特に強磁性体では自発磁化がとる方向によって内部エネルギーが変化している。磁化されやすい方向を磁化容易軸という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じき‐いほうせい〔‐イハウセイ〕【磁気異方性】

物質の磁気的性質が方向によって異なること。鉄やニッケルなどの強磁性体には、磁化の向き結晶軸との間に方向依存性が見られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

磁気異方性の関連キーワードコットン‐ムートン効果希土類コバルト磁石異方性エネルギー強磁性共鳴希土類磁石パーマロイ磁化曲線磁性材料飽和磁化物質磁区

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android