コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異核接合体 いかくせつごうたいheterokaryon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

異核接合体
いかくせつごうたい
heterokaryon

二核体,ヘテロカリオンともいう。菌類の栄養菌糸体で,遺伝的に異なる2系統の菌糸が接合したとき両親の核が合着することなくそのまま同一細胞内に存在している個体をさす。核についていえば二倍体であるが,細胞質は融合が行われている。第1段階の細胞質融合のみ済んで第2段階の核融合が遅れている過渡的な段階であるとみなされる。3核が共存するもの (trikaryon) ,多核のものなども知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android