畺良耶舎(読み)きょうりょうやしゃ(英語表記)Kālayaśas

  • ?―442ころ
  • 良耶舎

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国、南北朝宋(そう)代の西域(さいいき)の僧。サンスクリット名はカーラヤシャスKlayaas。経律論の三蔵に通じていたが、とくに禅観をもっぱらにし、諸国に伝えた。424年(元嘉1)建康(南京(ナンキン))に至り、『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』『観薬王薬上二菩薩経(かんやくおうやくじょうにぼさつきょう)』を訳した。その後、江陵(こうりょう)(湖北省)に移住し、442年(元嘉19)岷蜀(みんしょく)(甘粛(かんしゅく)省、四川(しせん)省)に禅学を広めたが、のちに江陵に帰って没した。世寿60。『観無量寿経』は浄土経典として、中国、日本で盛んに用いられた。[柴田 泰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android