コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通暁 ツウギョウ

3件 の用語解説(通暁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つう‐ぎょう〔‐ゲウ〕【通暁】

[名](スル)
夜を通じて明け方に至ること。夜どおし。徹夜。「通暁の勤行(ごんぎょう)」
ある物事についてたいへん詳しく知っていること。精通。「英文学に通暁している」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

通暁 つうぎょう

?-? 南北朝時代の画家。
高階隆盛(たかしな-たかもり),藤原隆章(たかあき),藤原隆昌(たかまさ)と4人で「諏訪大明神絵詞(えことば)」の絵をかく。詞書(ことばがき)の筆者には諸説あり,跋(ばつ)文は足利尊氏(たかうじ)。延文元=正平(しょうへい)11年(1356)の制作という。信濃(しなの)(長野県)出身。名は邦貞。通称は和泉守。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

つうぎょう【通暁】

( 名 ) スル
夜を通して朝に至ること。夜通し。
すみずみまで知ること。 「その分野に-している」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通暁の関連キーワード吉野朝時代巨勢俊久巨勢有康周豪高階隆盛土佐隆盛土佐光顕別宗令公祐高良円(7)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

通暁の関連情報