コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通暁 ツウギョウ

デジタル大辞泉の解説

つう‐ぎょう〔‐ゲウ〕【通暁】

[名](スル)
夜を通じて明け方に至ること。夜どおし。徹夜。「通暁の勤行(ごんぎょう)」
ある物事についてたいへん詳しく知っていること。精通。「英文学に通暁している」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

通暁 つうぎょう

?-? 南北朝時代の画家。
高階隆盛(たかしな-たかもり),藤原隆章(たかあき),藤原隆昌(たかまさ)と4人で「諏訪大明神絵詞(えことば)」の絵をかく。詞書(ことばがき)の筆者には諸説あり,跋(ばつ)文は足利尊氏(たかうじ)。延文元=正平(しょうへい)11年(1356)の制作という。信濃(しなの)(長野県)出身。名は邦貞。通称は和泉守。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つうぎょう【通暁】

( 名 ) スル
夜を通して朝に至ること。夜通し。
すみずみまで知ること。 「その分野に-している」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

通暁の関連キーワードノートカー(N. Balbulus Notker)ヒッピアス(古代ギリシアのソフィスト)ビチクチ(必闍赤)梶井宮慈胤法親王ポセイドニオスポリツィアーノベーコンソープサンゲギャツォ阿倍宿奈麻呂南北朝時代荒木田久守ジャイミニ田能村竹田向井魯町高階隆盛クローズ高橋梨一メデイア山岡浚明モギーラ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通暁の関連情報