疫神詣・厄神詣(読み)やくじんもうで

精選版 日本国語大辞典の解説

やくじん‐もうで ‥まうで【疫神詣・厄神詣】

〘名〙 その年の厄を払うため、疫神をまつった疫神社に参詣すること。特に、京都石清水八幡宮の境内に勧請(かんじょう)した疫神に、正月一九日に参詣するものは古来名高い。疫参り。やくじんまいり。やくじまいり。《季・新年》 〔日次紀事(1685)正月一九日〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android