コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疱瘡踊 ほうそうおどり

世界大百科事典 第2版の解説

ほうそうおどり【疱瘡踊】

民俗芸能。鹿児島県各地に伝承されている小歌踊(こうたおどり)。ほそ踊,ほうそ踊ともいう。起源や由来は明らかでないが,昔,疱瘡(天然痘)の流行を恐れた人々が,疫病神の疱瘡神をなだめて病状が軽くすむようにと祈願して踊りはじめたのだという。薩摩郡入来(いりき)町浦之名(うらのみよう)麓では,かつては疱瘡が流行したときに踊った。川辺郡大浦町では,疱瘡踊のほかに馬方踊と称して伊勢参宮を狂言に仕組んだものも演じている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android