コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疱瘡神 ホウソウガミ

2件 の用語解説(疱瘡神の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうそう‐がみ〔ハウサウ‐〕【××瘡神】

祈ると疱瘡を免れたり、軽減してくれたりするとされた神。
疱瘡をもたらすという悪神。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうそうがみ【疱瘡神】

疫病神の一種で,疱瘡をもたらすと信じられた神。疱瘡はかつて最も恐れられた疫病の一つで,各地の神社の境内や辻などには厄神や疱瘡神の石の小祠がまつられている。疱瘡は一度経験すれば再びかからないため通過儀礼の一種とみなされ,なんとか軽くすむように疱瘡神を丁重にまつり,治りかけたら神を送り出すという風習が広く見られた。明治になって種痘が普及した後も,疱瘡神送りの風習は行われた。とくに,種痘後の1週間目や12日目には盛大な宴を催したり,桟俵(さんだわら)に赤い御幣を立てて疱瘡神にみなし,これに赤飯やだんごを供えて村境や四辻に置いてきたり,桟俵に笹をつけたものを疱瘡神として子どもの頭にのせ〈疱瘡の神さんご苦労さんでした〉といって湯をふりかける祓(はらい)の呪法が各地で行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の疱瘡神の言及

【天然痘】より

…痘瘡に関する記述はほとんどの医書にみられ,とくに小児の痘瘡に詳しい。いっぽう痘瘡の病態がきわめて激烈で奇異なところから,〈痘瘡に鬼神あり〉とする信仰が広くゆきわたり,とくに江戸時代になると痘瘡の神として〈疱瘡神〉をまつる風習が広がり,疱瘡神をまつった小祠がわずかに残っている。さらに痘瘡にかかると,疫神をはらうための〈疱瘡祭〉を行う風習があり,患家に集まって贈物を交換したり,食物を分け合う行事が行われた。…

【厄病神】より

…疫病や災厄をもたらすという神。行疫神,疫病神,疱瘡神なども同種の神である。疫病(エヤミ,トキノケと称した)などの災厄は古くは神のたたりや不業の死をとげた者の怨霊や御霊(ごりよう)のたたりと観念され,厄病神も御霊の一つの発現様式とみられていた。…

※「疱瘡神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

疱瘡神の関連キーワード疫病神呪物崇拝疫鬼疫神呪薬焦らすにらいかない福因妖厄神海境

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

疱瘡神の関連情報