病者用食品(読み)ビョウシャヨウショクヒン

デジタル大辞泉の解説

びょうしゃよう‐しょくひん〔ビヤウシヤヨウ‐〕【病者用食品】

国の許可を受けて、病気にかかっている人の健康の保持・回復に適するという特別の用途を表示して販売される食品。特別用途食品の一つ。低たんぱく食品・アレルゲン除去食品・総合栄養食品などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

病者用食品

健康増進法にもとづく特別用途食品の一つ。病者の健康回復などに適すると厚生労働省に認められたとき、表示が許可される。病者用食品はほかに、腎臓病患者のためにナトリウムを減らした食品、アレルギー患者のために原因物質を除去した食品などがある。

(2008-06-08 朝日新聞 朝刊 生活2)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

病者用食品の関連情報