病者用食品(読み)ビョウシャヨウショクヒン

デジタル大辞泉の解説

びょうしゃよう‐しょくひん〔ビヤウシヤヨウ‐〕【病者用食品】

国の許可を受けて、病気にかかっている人の健康の保持・回復に適するという特別の用途を表示して販売される食品。特別用途食品の一つ。低たんぱく食品・アレルゲン除去食品・総合栄養食品などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

病者用食品

健康増進法にもとづく特別用途食品の一つ。病者の健康回復などに適すると厚生労働省に認められたとき、表示が許可される。病者用食品はほかに、腎臓病患者のためにナトリウムを減らした食品、アレルギー患者のために原因物質を除去した食品などがある。

(2008-06-08 朝日新聞 朝刊 生活2)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android