特別用途食品(読み)とくべつようとしょくひん

知恵蔵の解説

特別用途食品

厚生労働省が認可した病者用食品妊産婦・授乳用粉乳、高齢者用食品など。粉乳、低ナトリウム食低カロリー食、糖尿病食、肝臓病食、アレルゲン除去食品、咀嚼困難者用食などで、特別用途食品マークが付けられている。特定保健用食品(トクホ)も特別用途食品の分類に入る。

(的場輝佳 関西福祉科学大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

大辞林 第三版の解説

とくべつようとしょくひん【特別用途食品】

厚生労働省令により定められる、乳児用・妊産婦用など特別の用途に適している食品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

特別用途食品
とくべつようとしょくひん

乳幼児の発育、妊産婦や病者などの健康の保持・回復などといった、特別な配慮を必要とする場合に適した食品。特別用途食品として表示、販売するためには国の許可が必要であり、許可された食品には、消費者庁許可を表したロゴマークが外装などに表示される。許可試験は、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所などが実施している。特別用途食品には、病者用食品、妊産婦と授乳婦用粉乳、乳児用調製粉乳、嚥下(えんげ)困難者用食品があり、病者用食品として許可基準の設けられているものとして、低タンパク質食品、アレルゲン除去食品、無乳糖食品、総合栄養食品がある。これら以外の特別な用途に該当する食品は、個別に評価が行われる。たとえば、糖尿病食や腎臓(じんぞう)病食、高血圧患者に適する旨を表示した個別評価の食品がある。なお、健康への特定の効果が認められたことを示す特定保健用食品(トクホ)は、健康増進法に基づき、特別用途食品に含まれる。
 特別用途食品は、栄養増進法の前身で、1952年(昭和27)に制定された栄養改善法によって特殊栄養食品として位置づけられたのが始まりである。当時は国民の栄養失調状態を改善することが目的であった。以降、1991年(平成3)に特定保健用食品制度、1996年には栄養表示基準が創設され、2009年(平成21)に現行の特別用途食品制度へと抜本的な改正が行われた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の特別用途食品の言及

【食品】より

… なお,以上のほかに,〈栄養改善法〉によって規定された特殊栄養食品がある。特殊栄養食品は,強化食品ならびに特別用途食品に大別される。強化食品には米,押麦,小麦粉,食パン,ゆでめん,乾めん,即席めん,みそ,マーガリン,魚肉ハム,魚肉ソーセージなどがあり,特別用途食品には,低ナトリウム食品,低カロリー食品,低タンパク食品,無乳糖食品,アレルギー疾患用食品,糖尿病食調整用組合せ食品,肝臓病食調整用組合せ食品などがある。…

※「特別用途食品」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特別用途食品の関連情報