痛痛病(読み)いたいいたいびょう

精選版 日本国語大辞典の解説

いたいいたい‐びょう ‥ビャウ【痛痛病】

〘名〙 (病人が「痛い痛い」を連発することからいう。普通「イタイイタイ病」と表記される) 富山県神通川流域に発生した慢性カドミウム中毒。腰、手足、関節の痛みが起こり、歩行障害をきたし、全身が衰弱する。大正(一九一二‐二六)から昭和二〇年代(一九四五‐五四)にかけて多発。鉱山廃水が原因であることが解明され、昭和四三年(一九六八)公害病に認定された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

痛痛病の関連情報